安房の国(南房総)の、自然に囲まれた小さな山の中腹に、“安房里山房るんた”はあります。

ここは、自然とつながった暮らしを求めて、この地に移住したるんたの家族の暮らしの場です。

私たち家族が目指しているのは、いのち(自分を含め、この世のすべての存在)がよろこぶ暮らし。
まわりてめぐる、すべてのいのちに感謝しながら、「イマココ」を存分に味わい、
里山での暮らしを楽しんでいます。


ここでの暮らしには学びがたくさんあります。

お米や野菜のいのちを育み、それをおいしくいただき、自らのいのちとすること

自然の恵みから、衣・食・住・エネルギーをまかなうこと

自らの健康を自らの知恵と力で支えること

すべてを与えてくれる自然の営みを深く知り、それを守っていくこと


これまでたくさんのご縁から学び、授かった知恵や技などを、みなさんとシェアしたり、
一緒に楽しんだり……、るんたはそんな場でありたいと願っています。

一歩ずつ、ゆっくりと、手づくりしているので、まだまだ(いつまでも?)未完成ですが、
ご縁がありましたら、どうぞまずはおいしいものでも食べにいらしてください。

Img_27603c111484c777a471d7e53b49f883
"るんた"はチベット語で「風の馬」という意味です。
 大空高く駆けのぼり、人々の願いを天まで届けてくれる存在と言われています。